読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やくしまるえつこ論。

 以下、自分の主観的かつ勝手な感想です。

 

 やくしまるえつこは、「唄の人」でないかと。

 

 「『唄』ってなんや」という話だが、自分の中では、「唄」と書くと「色気があるもの」というイメージがある。

 セクシーな生命感というか。

 

 やくしまるえつこは、インタビューでも、できるだけ無駄を削ぎ落とす、無機質っぽいものを目指しているというふうな思想が読み取れる。

 でも、本当に無機質なだけの音楽なら、聞くに堪えないと思う。

 

 それで、やくしまるえつこの謎を説く曲が2曲あると思っていて、それは、ソロの「おやすみパラドックス」と相対性理論のニューアルバム『天声ジングル』の「ウルトラソーダ」だ。

 歌詞を具体的に書くとJASRAC絡みで記事が削除される恐れあるので、少しだけにするが、

 「おやすみパラドックス」の「祭り囃子…」の部分。

 「ウルトラソーダ」の「昨日夢見た…」の部分。

 この2つの部分は、わかりやすくセクシーだと思う。

 

 なんか、そういう色気というか「唄的」なものが彼女の根底にあるのではないかと思う。すくなくともこの2曲はあからさまに色気を感じたし、「唄的」だと思った。

 

 根的にそういう生命があるから、無機質的なものも単なる形骸で終わらず、それがカッコ良さになるのではないかと思う。

 「唄うたい:やくしまるえつこ」。

 これが、彼女の魅力の1つであると思っている。(すべてではない)